地デジアンテナの設置

地上デジタル放送が始まって久しいわけですが、新築や引っ越しで新たに地デジアンテナを設置しなければならないこともあります。
このサイトでは、地デジアンテナを設置する際の注意について説明します。

ではまず自分で取り付ける際の注意点です。
自分で設置するときに最も重要なのが、安全の確保です。
プロと素人の大きな違いはここにあります。
プロも、安全ではないところにはアンテナを立てません。
素人なら尚更でしょう。
必ず安全を確かめて、過信せず無理なら素直に業者に依頼するのが賢い選択です。
そして、設置はその地域がどの送信所から電波を供給されているかで、向きが変わってきます。
ここは重要ですので下調べが必要となります。
足場の安全確保と、アンテナの向きと固定をしっかり行うことが自分で設置する際の重要なポイントです。

次に業者へ依頼する場合の注意ですが、必ず専門業者に依頼してください。
安いからと言って、劣悪な業者にかかってしまうと、屋根を傷つけられたり、設置が不十分なため強風で倒れてしまったりということがあります。
受信感度も悪く最悪テレビが映らないこともあるでしょう。
こうならないためにも、信頼できる業者選びが必須となります。
大手の専門業者なら、実績も多いですのでおすすめです。
ただ事前に必ず見積もりを取ってください。
できるなら3社くらいに依頼しましょう。
そのときの対応がしっかりとしている業者なら、安心してお願いできます。
せっかくの地デジ放送ですから、アンテナの設置は確実に行ってください。



≪特選サイト≫
新築一戸建て向けに地デジアンテナ・BSアンテナなどの設置をしている専門業者です ⇒ 地デジアンテナ